とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

select_blog_0012_cw04

仙台空港から28km歩いて塩釜へ! チャリティーウォーク2014が開催!

丸いメガネのヒザシでございます。

皆さんは28Kmを歩いた事はありますか?

仮に仙台空港から28km歩くとどこに着くでしょうか?

その答えは、このイベントにありました!

続きを読む

 

東日本大震災復興支援チャリティーウォークと題されて、行われたチャリティーウォーク2014。今回で2回目の開催となります。

仙台空港から沿岸部に近い国道を北へ半日以上かけて歩き、被災地の現状を見て感じて、今後の復興への在り方や携わり方を改めて考える事を目的として開催されました。

参加者は県内外から集まった約600名で、半日以上かけて仙台空港~本塩釜駅間を歩きます。
 
select_blog_0015_cw01 select_blog_0013_cw03
select_blog_0014_cw02
 
開会式では参加者を盛り上げる演出も。
cw18
「ウォーキングの疲れは秋保温泉で癒しましょう!」と笑顔で応援する秋保のご湯治アイドルAre 湯 Lady。

いよいよスタート!みんな、行ってらっしゃい~!お気をつけて!

 

cw21 select_blog_0010_cw06

 

コース中には震災から時が止まったままの建物も。

私達に震災当時の記憶を伝え、訴えてくるメッセージがあります。
 
select_blog_0004_cw13
 
「子供たちと歩いてみて、子供達に伝えなきゃならない事をこうして息子と一緒に、言葉じゃなく心に刻むことが出来たと思います。」
 
select_blog_0009_cw07
 
「震災後そのままの建物があったりしてとてもショックでした。地元に帰ったら仲間にも伝えて行きたいと思います。」
 
select_blog_0001_cw16 select_blog_0002_cw15
select_blog_0003_cw14

 

「ゴールの順位は別として、今日は被災地でおいしいものを沢山食べます!」
 
select_blog_0005_cw12
 
「みんなでワイワイ話しながらきたので楽しく歩きました。地元のいわき市も津波の被害が復興までありまだまだですが、こちらも津波の爪あとが残っていたのが印象的でした。」

などの声がありました。

全国的にも有名な声優・タレントの山寺宏一さん(宮城県出身)も参加者の一人として歩きました。
 
select_blog_0007_cw08 select_blog_0006_cw10
 
「今日は天気の良い中で歩けました。実際に28km歩いて股関節が痛いですが、この痛みは自分にとって意味のある痛みです。3年7ヶ月前にここで何があって、人々がどうしてきたかを思い馳せながら、ボランティアスタッフの方々と沢山話しながら歩きとても有意義でした。まだまだあの日から変わらない事が沢山ある中で、これからはいろんな場所で、この被災地の状況を伝えるとともに、このイベントが継続し今後はもっと多くの方々が参加して現状を見て感じてほしい」

と話します。

 

select_blog_0008_cw11
 
チャリティーウォーク実行委員長の高橋亙さんが話してくれました。
 
「自分も津波の被害に合いましたが、震災から時間が経つにつれてまだまだ支援の必要な仲間たちのために、これから必要な支援とは何かを考えた末にこのチャリティーウォークを始めました。今回は海外からの参加もあったので、世界へも発信できるように今後は10年続けることを目標にして、より多くの参加者を集めて、チャリティーウォークの輪が広がってほしいです。」
 
select_blog_0000_cw17 select_blog_0011_cw05
 
この催しでの収益金はすべて震災関連の義援金として寄付されます。

次に開催される時、私達の街はどうなっているのでしょうか?

それぞれの心に描く未来の地図を広げに、あなたも参加してみませんか?

 

■東日本大震災復興支援チャリティーウォークHP

http://www.charitywalk.jp/

 

7

Sun

December,2014

Location :

トップページ
Event Calendar