とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

祈り・伝統のどんと祭

アリティーヴィー平成の仙台四郎です。
本日は県内各地でどんと祭が開催されました。

続きを読む

どんと祭とは、正月飾りや古神札等を焼納する正月送りの行事です。
1月14日の夜、境内の一角に門松、注連縄・松飾り等を日没の頃「忌火」により点火され焚き上げます。
この火は正月の間に各家庭に訪れていた神々を送る「御神火」として、あたると心身が清められ、一年間無病息災・家内安全の加護を得るという言い伝えがあります。

また、この「御神火」を目指して参拝する「裸参り」があります。
これは厳寒時に仕込みに入る酒杜氏が醸造安全・吟醸祈願のために参拝したのが始まりとされ、
江戸時代中期には既に定着していたと言われております。
現在においても、白鉢巻き・白さらしを巻き、口には私語を慎む為に「含み紙」と呼ばれる紙をくわえ、 右手には鐘・左手に提灯を持ち、市内各所より数千人が参拝するさまは、
杜の都・仙台の冬の風物詩として全国に知られております。

14

Sat

January,2012

Location :

トップページ
Event Calendar