とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

DSC01636

マリンゲート塩釜に戻ってきた活気と元気!リニューアルオープン

こんにちわ。平成の仙台四郎です。

先日、塩釜の玄関口として地元の人に愛されている
マリンゲート塩釜がリニューアルオープンしました。

続きを読む

 

マリンゲート塩釜は浦戸諸島を結ぶ市営汽船の発着所であるとともに松島遊覧船・松島ベイクルーズの発着場であり、施設内にはレストランや塩釜の特産品を買う事が出来る お店もたくさんあるんです。

 

しかし、昨年発生した東日本大震災では、津波が建物を直撃してお店などが入る一階は浸水してしまいました。我々がリニューアルオープンする前に取材したときには仮スペースで営業している店舗の姿がありました。


「マリンパークはここまで津波がきたんだ。来月(7月)にはお客さんの要望に応えて新しい店もオープンするから、皆さん期待して待ってて欲しい。」

そう話してくれた横山商店の社長さん。新しい店舗にはたくさんの観光客が訪れていて、忙しそうにしながらも再びインタビューに応えてくれました。

「前にやっていた場所にまた戻ってくることができた。なんだか新しい過ぎてお客さんも驚いてるけど、これからがスタートだからさ。ここにこうゆうお店があるんだ、って知ってもらうことが大事なんだよな。そしてたくさんの人にまたマリンゲートに来てもらいたい。」

 

また、同じ場所に戻ってきた店舗だけでなく、新しく宮城を元気づけようと出店するお店の方々もたくさんの人で賑わうマリンゲートを見て嬉しそうな表情でお客さん達を迎えていました。

震災直後に取った聞き取り調査では、全ての店舗が同じ場所で営業を続けたいと答えたそうです。その願いが叶って無事に同じ場所で再開出来た様子を見ると感慨深いものがありますね。

 

マリンゲートを訪れたお客さんたちも、明るく広くなった店内の様子に驚きとどこか懐かしいような表情を浮かべていました。

 

新たな門出を迎えたマリンゲート塩釜には連日多くの観光客が訪れています。
多くの人が訪れて、素敵な体験や塩釜の美味しいものを買う事が出来たりという体験が出来る事でまた来たいと思う場所になっていくに違いありません。塩釜にはそんなお店や人がたくさんあるんです。是非一度、皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

本日7月8日には創業感謝祭のイベントとして
■マグロの解体ショー
■スタンプラリー
■あかり太鼓演奏 などの催し物が行われます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マリンゲート塩釜
〒985-0016 宮城県塩竈市港町1丁目4−1
TEL 022-361-1500

8

Sun

July,2012

Location :

トップページ
Event Calendar