とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

DSCF0483

震災を乗り越えて2年ぶりにトライアスロン大会が七ヶ浜で開催!!

こんにちは。アリティーヴィーの彦坂です。

先日、七ヶ浜で行われた国際トライアスロン仙台ベイ七ヶ浜大会を取材してきました。

続きを読む


七ヶ浜で行われる国際大会は今年で18回目を数えます。宮城県の中で七ヶ浜町はトライスリートたちに愛されている町なんです。
しかし、この大会も昨年は震災の影響により中止されていました。参加者たちは「こんなに早く再開することが出来て嬉しく思っている」、「参加することで、被災地の復興に貢献できると思い追加募集で千葉から来たんですよ。」そう話してくれました。

開会式の初めに全員で海に向かって黙とうをささげ震災で亡くなった方々の冥福を祈りました。

大会会長でもある渡邊善夫町長が「被災した七ヶ浜に感動と勇気と希望を与えるような素晴らしいレース展開になりますように」と開会の挨拶し、選手達を鼓舞しました。

また、2012年ロンドンオリンピック日本代表選手に選ばれた上田藍選手らもこの大会に駆けつけて選手にエールを送りました。

 

小雨の降る生憎の天気でしたが、全力で泳いだり、自転車でコースを駆け抜けていく選手の力強い姿には多くの人が励まされたのではないでしょうか。

この大会には多くのボランティアも参加し、大会の運営を影で支えています。

給水所で見かけた一際大きな声で選手に声援をかけるこの人達は七ヶ浜町の婦人会の方々。

話を聞いてみたところ毎年大会ボランティアとして参加しているそうです。婦人会の会長さんは「初めて会長になって不安だったけど、精一杯頑張って選手達をサポートできれば」と話してくれました。


こちらの方々は毎年トライアスロンの大会を応援しているそうです。「特等席に毎年座って選手全員を応援しているの」そう話してくれました。

 


大会の前日にはTeam-LUMINA 七ヶ浜プロジェクトによる「復興祭」も行われました。
地元の子どもからお年寄りまで楽しんでもらえるようにと企画されたお祭りにはトライアスリートによる屋台村や有名店舗によるたこ焼きやドーナッツなどが出店されました。

取材を通じて、選手だけでなくたくさんの関係者たちや地元の人たちの前に向かっていこうという熱い気持ちをひしひしと感じることができました。これからも多くの人がスポーツを通じて元気になることで、町全体も元気になり復興へとつながっていくに違いありません。

6

Fri

July,2012

Location :

トップページ
Event Calendar