とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

DSC06011

震災後、瓦礫から見つけた漁師達の魂!大漁旗を再生!!~石巻市の結日丸~

アリティーヴィー伊セ 徹です。

石巻市にできた、大漁旗を再生しグッズを作る工房に行ってきました。

「大漁旗」とは、元来沖の漁船から港で待つ家族や仲間に、いち早く大漁の報らせを伝える信号旗の役目を持つものでした。
そのため海上からでも目立つように、そして縁起を担ぐ目的で派手で大胆な絵柄で描かれたものが多いのです。

 

続きを読む

宮城県石巻市は港町で漁師の町です。震災で数多くの漁師、水産関係者が被災しました。
3.11の震災直後から宮城県石巻市でボランティアとしてガレキ出し、泥出しを行っていた田中さん。
ある日、一日の作業を終え帰る途中、崩壊した建物の中から色鮮やかな大漁旗が目に飛び込んで来たと言うのです。建物の中には、ダンボール五個分の大漁旗が。
「この大漁旗を再生できないだろうか?」
直ぐに崩壊した建物の持ち主を調べ大漁旗を譲ってもらいました。その後も沿岸部を回り探し、集めた大漁旗の数はなんと約280枚!

 

 

そして、ブレスレットやバッグなど大漁旗を再生したグッズを石巻の市民達と製作。

 


今年1月から、やっと販売にこぎ着けたというのです。
イベントなどに出店するほか、ネット販売、そして現在は石巻市街に工房兼ショップを構え、本格的な販売を行っています。

 


大漁旗自体が一点もの。その旗を使い手作りで作られるグッズも、二つとない同じ柄ものは存在しない一点ものなのです。

 


被災した漁師達の魂が入る大漁旗再生グッズ!

 

※僕は青い大漁旗が革と織り混ぜられたブレスレットを購入しました。

 


興味ある方は以下へ問い合わせてみて下さい。

 

結日丸

代表:田中鉄太郎

携帯:080-6536-1300

メール:musubimaru311@gmail.com

 

17

Sun

June,2012

Location :

トップページ
Event Calendar