とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

01

被災地の議会は今…!

平成の仙台四郎です。

今日は、あの震災から、ちょうど1年3ヶ月目でした。

元気に復興している所、未だに復興途中の所と色々あります。

そんな状況で大事な役割を担う議会が被災各地でも開かれています。

被災地の復興を担う議会で一体どんな話し合いが行なわれているのか!?
今回は東松島市の議会に取材に行って来ました。

続きを読む

 
宮城県東松島市。
奥松島の景観や、ブルーインパルスなどで有名な街です。

そんな東松島市議会は市民と共に復興を進めるために、開かれた議会運営を目指しています。

そこでアリティーヴィーもお手伝いさせて頂きました。

 

「東松島市議会生中継」
議会の様子をUSTREAMを用いた生中継で、
市民のみなさんはもちろんのこと、広く全国に、世界中に生配信を行なったのです。
普段は傍聴に参加した市民のみなさんしか見ることのできない議会の内容を
ありのままの形で生中継しました。
 
これは議員の方々の緊張感を高めるためとともに、市民のみなさんにもっと議会への興味や関心を持ってもらいたいという意味も込められていました。
 
今回の生中継という取り組みに対して東松島市・阿部市長は

「我々の方が情報を公開するというのが一番大切なことだと思います。そして特に震災ということでは、風化させないためにも全国にネットしてありのままお伝えできるのはとてもいいことだと思います。(中略)(このように生中継することが)我々としての説明責任です。」
 
議員みなさんの声は
「市民のみなさんに出来るだけ多く、議会の内容を聞いてもらってるというのはとてもいいことだと思います。」
「(放送が入ったことで普段との違いはありましたか?)特に緊張することなく、いつもどおりの自分たちの仕事をやっていました。我々としては傍聴人の方が多くいた方が頑張れるという思いです。」
「議会に直接足を運ばずとも、それぞれの市民のみなさんがリラックスして聞いていただけるということがとてもいいことだと思います。」
 
実は今回この生中継は議会からの一方的な配信だけではなく、
東松島市内の仮設住宅の集会所にて議会生中継を見る市民のみなさんの姿も配信し、
市民のみなさんの声もありのまま生配信しました。

ご協力いただいたのは『東松島市小野駅前地区応急仮設住宅』のみなさんです。
 
議会を見た市民のみなさんの反応は
「議会の様子を見たのは初めてだったので、とても貴重な体験ができて嬉しい。
しかし難しい用語が多く、内容がよく分かりにくかった。もっと一般市民の事を考えて欲しい。」
「議論をもっとスピーディーかつコンパクトにして、空いた時間をもっと市民にとっても有意義なものにして欲しい。」
「今回こちらの声も放送しているが、本当に議員さんに伝わっているのか不安」
その他、議会に対する意見が様々寄せられる結果となりました。
 
これまで議会の内容というのは市報を通じて、決定事項しか知ることができませんでした。
それは本当の市民の声というものが反映されているのかは甚だ疑問であったようです。
しかし今回 のような中継を行うことで、議会の内容が明確になり、
市民の声も反映されやすくなるのではないかと考えます。
 
被災地の議会だからこそ議会からの一方的な決定だけではなく、
市民全員で街を創っていくということが大切なのだと思いました。

この市民からの忌憚の無い意見を更に議会がフィードバックする
この双方向間生中継を通じて、真の開かれた議会になれば嬉しいですよね。

一致団結して復興!そして新たな産業を生み出し震災前より輝く街を作る!
ぼくらも頑張って行きます!

———–
■東松島市議会生中継
http://www.ustream.tv/channel/ari-politics

■東松島市議会生中継を見る、東松島市民の声
#1 http://www.ustream.tv/recorded/23237648
#2 http://www.ustream.tv/recorded/23239266

11

Mon

June,2012

Location : 宮城県東松島市役所

トップページ
Event Calendar