とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20120529

仙山交流味祭“おいしい出会いは、峠を越えて。”

みなさんこんにちわ。平成の仙台四郎です。
今日明日と勾当台公園市民広場(仙台市青葉区)にて
「仙山交流味祭 復興市~春の恵み~」というイベントが開催されています。

続きを読む


このイベントは、仙山圏(仙台地域と山形県村山地域)で生産された地域特産物を一堂に集め、生産者が直接販売する産直市です。
年2回春と秋に開催され、例年2万人もの来場客が集まります。
今年で10年目を迎える今回は、各24団体、計48団体がそれぞれ自慢の特産品を販売しています。
 

この仙台と山形の交流について参加者の感想は、
「このイベントを通じて、それぞれの県の特産品を広く知ってもらいたい」
「同じ食品でも、仙台と山形の風土や環境の違いで味も違うので、それぞれの味を感じて楽しんで貰えればと思う」
仙台を山形の産品の交流だけでなく、出品者同士の販売や生産のノウハウの交流もでき、双方の技術の向上にも一役かっているんだそうです。
 

イベントに来ていたお客さんの感想は、
「いままで食わず嫌いしていたものでも、実際に目の前で調理法なども教えてくれるので、食に対して興味が湧く」
「やっぱり生産者の方の顔が見えるが安心。」
「その特産はもちろんのこと、もはやその生産者のファンになりました。毎年来てます。」
このイベントを待ち遠しく思っているお客さんもいるようでした。
 
震災があった昨年の開催から、「復興」という目的も新たに加え、名称に「復興市」が追加されました。


今年は、名取市閖上、石巻市北上、南三陸町志津川の生産者も出店し、
笹かまぼこや塩蔵わかめ・こんぶ、うにめし、ほたてめし、海鮮うどんなどを販売しています。
 
仙台、山形の魅力を味わえる機会ですので、 ぜひ足を運んでみてはいかがですか。

29

Tue

May,2012

Location :

トップページ
Event Calendar