とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20120408

石巻の自然を肌で感じるカヌークラブ設立!!

アリティーヴィー高野です。

晴天に恵まれた今日、石巻市住吉町で、石巻カヌークラブ設立イベント

「甘茶でカヌー」が行われました。

続きを読む

この石巻カヌークラブは、

OPEN JAPAN(ボランティア支援ベース絆)、NPO ひたかみ水の里、NPO スマイルシードの共催の元設立されました。

 

そのうちの一つ、OPEN JAPANの代表を務める木村とーるさんは、震災直後から石巻に足を運び、

浅瀬でも入ることのできるこのカヌーを使って、ガレキ撤去作業や炊き出しなどのボランティア活動を行なってきました。

※震災後間もない実際のガレキ撤去作業の写真です。

 

石巻には、豊かな自然があり、海も川もある。

東日本大震災では、津波の恐怖をまざまざと思い知らされた。

だからこそ、水の怖さや水の大切さ、自然の怖さと素晴らしさ。

対極にあるようで共存するものを直接肌で感じ、アウトドアでの

知識、行動力、そして自然と共生して生きる力を身につけ、強く

豊かな人間性を養う事を目的に今回、石巻カヌークラブが設立

されました。

会場には地元石巻の親子など約30人が集まり、

カヌーの漕ぎ方やレスキュー方法などの講習を受けたあと、

旧北上川を1時間程度のカヌートレッキングを行いました。

 

最初は慣れないパドルに悪戦苦闘していましたが、漕ぎ進めるにつれて操作も板についてきて、子供たちの笑顔と元気な声が、川面に響いていました。

 

トレッキング後、子供たちに感想を聞くと、

「全然怖くなかった!!また乗りたい!!」

「川の真ん中をカヌーで進んだ事がなかったので、初めて見る光景だったから面白かった!!」

と目を輝かせながら語っていました。

 

主催者の皆さんは、次の世代を担う子供たちに川の恵、水の大切さを知ってもらい、そして元気だった頃の北上川再生を誓いました。

 

 

※石巻カヌークラブは今後も様々な活動を行なっていく予定です。

問い合わせ

石巻カヌークラブ事務局(OPEN JAPAN事務局内)

住所:石巻市住吉町1-1-2

TEL:0225-92-7820

代表 阿部康彦

 

 

8

Sun

April,2012

Location :

トップページ
Event Calendar