とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20120311

それぞれの3.11  南三陸町

アリティヴィー高野真一郎です。

東日本大震災から一年。

感じることは様々ですが、想いはやはり「前に進み続けること。」

そう話してくれたのは、南三陸町の方々。

今日は東北だけではなく、全国各地で慰霊祭や追悼式典などが行われました。

私が伺った南三陸町歌津伊里前地区(みなみさんりくちょううたついさとまえ)でも、追悼式が行われ

大阪や兵庫、宮崎からも約100名の方が参列、献花台に花を添え、手を合わせていました。

彼らは震災後、ボランティアとして南三陸で活動していた方たちで、今日、この日に立会いたいということで駆けつけました。

続きを読む

場所は、伊里前福幸商店街が建っている目の前で、商店街の方々が中心となり行われました。

また、取材の最中作業をする漁師さんに

「追悼式にいかないんですか?」と聞くと

「親父が津波で死んで追悼式も出ようか迷ったんだけど、

根っからの漁師でしてそんな暇があったら漁に出ろって言われるんじゃないかと思ってね。」

それぞれの想いを胸に3月11日を過ごしていました。

 

式のあと南三陸商工会副会長の千葉教行さんにお話をお伺いしました。

「遠方の大阪や神戸からも大勢来ていただいて、手を合わせ、縁も由もないのに泪を流して本当に嬉しかった。」

「亡くなった方もいるし、まだ見つかっていない人もいる。こんなに大勢の人に手を合わせてもらってきっと喜んでいるよ。」

そして、住民の方々も、

「南三陸を元のようには戻らないかもしれないけど、それに近いように絶対戻していくから安らかにお眠りくださいって。」

「生き残った者の宿命なのかな。まだ漠然としていて本当にどうなるかわからない。でも、何とか立上って一年を過ごしてきた。復興元年は今日からが本当のスタートなのかもね。」

 

 

この南三陸町で怖いことも、辛いことも沢山乗り越えてきたからこそ言える言葉です。

一つのけじめ、一つの踏ん切り。

話してくださった方々の表情は、どこかすっきりしたような、そして前に進む活力に満ちたような表情を浮かべておりました。

 

それぞれの3月11日

11

Sun

March,2012

Location :

トップページ
Event Calendar