とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20120303

竹の節のように一年一年力強く・・・ 一ノ倉邸のひな祭り(岩手県盛岡市)

アリティーヴィー高野真一郎です。

今日は桃の節句「ひな祭り」

みなさんのご家庭では、どんなひな祭りをされていますか?

今回ご紹介するのは、岩手県盛岡市にある

盛岡市保護庭園「一ノ倉邸」で毎年行われているひな祭りです。

続きを読む

ここ一ノ倉邸は明治後期に盛岡出身で、貴族議員や東京府知事を務めた政治家 阿部浩氏によって建てられ、

その後、一ノ倉氏に譲渡、平成4年に盛岡市が取得した、当時の面影そのままで由緒と歴史のある建物なんです。

そんな一ノ倉邸で今年21回目を迎える「ひな遊び」(ひな祭り)が行われました。

風情あふれる建物全体が展示場のようになっていて、自由に見て回ることができます。

建物も歴史がありますが、そこに飾られているお雛様も、江戸時代のものや珍しいものなど多種多様。

そのお雛様を、ただ並べるのではなく、一風変わった置き方をして、見る人を飽きさせないのがここの特徴でもあります。

 

「他の展示会場と違うのは飾り方だけじゃなく、「お手を触れないでください」っていう案内がないでしょ?

ここにあるものは、すべて直接触って歴史を感じて欲しくてね。」

そう語るのは一ノ倉邸管理保存委員会会長の西郷和子さん。

21年間ずっとここを管理されている。

 

「昨年の震災では、雛飾りが崩れてしまって、いくつか壊れてしまったものもあってね。

その中で、元に戻せるものは戻して、傷んでしまったものはここに並べてるんです。」

ここは、抹茶やお茶菓子を楽しめる喫茶スペースになっていて、囲炉を囲んでなんとも居心地のいい空間でした。

まるでそこだけ時が止まっているかのよう。

 

「毎年テーマを決めるのですが、今年は「清清」(せいせい)

ここに来ていただいて心を休めて欲しい、そして、高々と伸びる竹のように、またその竹の節のように一年一年を力強く過ごして欲しい。

そんな願いを込めました。頑張れっていう言葉はもう聞き飽きましたので、その思いが伝わればと思って。」

 

四季折々に表情を変え、心を和ませてくれる「一ノ倉邸」

是非足を運んでみてください。

「ようこそおでんせ下さいました。」

と、優しく迎えてくれるはずですよ。

 

 

 

遊空間演出家 西郷和子ホームページ
いわて遊び空間 ふるさと 心のもてなし
http://iwate.info.co.jp/nagomi/

3

Sat

March,2012

Location : 岩手県盛岡市安倍館町19-64

トップページ
Event Calendar