とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20120110

今年も開催「山形初市」

写真は、毎年山形県で開催されている

「山形初市」の様子です。

今年も、山形の風物詩の一つとして開催されました。

続きを読む

今年の人出は震災の影響などもあり、例年よりも少なかったということですが、

それでも18万人が、会場に足を運びました。

 

山形の人々は、だんごの木を買いに初市にやってきます。

だんごの木とは?

山形の小正月に、

団子木(だんごぎ)という水木の枝に米の粉で作ったたくさんの紅白のだんごや、

鯛や小判、打出の小槌などをかたどった「ふなせんべい」を飾る「だんご刺し」という

行事があります。

これは養蚕(ようさん)でたくさん繭(まゆ)が取れるように願った飾り物なんです。

カイコが繭を作るためには「まぶし」という網のような枠が必要で、

ワラや木で作った「まぶし」に繭がたくさんついた状態を表したもの、

それが、だんごの木になります。

山形では、縁起物として広く親しまれているんです。

 

今年の山形初市では「被災地支援物産販売コーナー」を設け、

塩釜市、岩出山町、古川市、気仙沼市より5店舗が出店しました。

その他にも、例年通り、幼児を対象とした初市のぬいぐるみ劇、初飴の実演、納豆汁の振舞い、四方山会餅つき踊りなども行われたようです。

今年も例年通り行われた「山形初市」の話題をご紹介致しました。

 

 

写真提供:山形商工会議所

 

10

Tue

January,2012

Location :

トップページ
Event Calendar