とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20120124

鉄のまちに響け。「釜石復興の鐘」

アリティーヴィー高野です。

今回ご紹介するのは、岩手県釜石市に大晦日設置された、

「釜石復興の鐘」です。

岩手県釜石市は、岩手県沿岸南東部に位置し、近代製鉄業の発祥地であり今でも「鉄のまち」として知られています。

続きを読む

先の震災でも、津波の大きな被害を受けましたが、9ヶ月が過ぎ徐々に復旧から復興へと着実な歩を進めています。

そんな中、JR釜石駅前に「釜石復興の鐘」が設置されました。

これは「鉄のまち釜石に、震災の記憶を残そう」と

市民団体「釜石復興の風プロジェクト」(代表八幡徹也さん)が発足。

鐘は、毎年8月6日、広島平和記念式典で鳴らされる「平和の鐘」も製造した

富山県高岡市の鐘専門メーカー「老子(おいご)製作所」に依頼。

当初、震災からちょうど1年の2012年3月11日に建てる予定だったのですが、震災のあった年にけじめをつけるため、大晦日に建立されました。

とても優しい、鐘の音がいつまでも鳴り響き、訪れた人の心を癒すと共に、

震災の犠牲になられた方の鎮魂を願う音にも聞こえました。

鐘には四つの言葉が刻まれており、「鎮魂」

 

被災した郷土の復活を願う

「復興」

この震災を忘れず後世に伝える
「記憶」
そして、誰もが持ち続けなければならない
「希望」
様々な想い、願いが込められた鐘を支える支柱は合掌をモチーフに作られています。
現在は釜石市が管理しており、今後もっとこの鐘が、釜石の復興のシンボルとして定着していくように、毎年3月11日に合わせてイベントを企画していきたいということです。
釜石にいらした際には、是非、鐘を鳴らしてみてはいかがでしょうか。
優しく、深い鐘の音がきっとあなたを包み込んでくれますよ。

31

Sat

December,2011

Location :

トップページ
Event Calendar