とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20111215

震災後生まれた授業 GOSPELの響き〜あなたがいたから〜

今日は、中学校に響くゴスペルのお話です。仙台市に住む横田ひろこさんは、震災後復興支援で雄勝町を訪れ、雄勝中学校のみんなと出会います。最初は心を癒すための歌として一緒に歌っていましたが、校長先生から「是非授業としてやって欲しい」とお願いがあり、今ではゴスペルの授業を毎週行うようになりました。これは全国公立中学校初の試みだそうです!

生徒さんたちの想いを歌に込めて来年3月10日の卒業式へ向けて日々練習とのことです。(以下横田さんの投稿)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
「私がプロデュースしている雄勝中学校のGOSPEL授業は、「あなたがいたから」というオリジナル曲の練習が本格的にスタートです。沢山の苦しみと悲しみを乗り越えた子供たち。3.11生き抜いた子供たち。だからこそ、この子供たちにしか伝えられないことがあるはずです。来年3月まで、私もこの子供たちをしっかりと支えていきたいと思います。


河北新報社掲載記事「ありがとうの詩」にて広く読者の皆さまから募集しました。その1曲に、雄勝中学校ゴスペルクワイヤが入りました。作曲は、いがり大志さん。その他、和太鼓奏者YAKARA~族~さん、三味線奏者 浅野祥君。豪華キャストの競演です。1月末には、学校でエンジニアさんや機材を入れて、レコーディングも行います。多くの皆さんに、この曲が届きますように…」
河北新報社ホームページ「ありがとうの詩」

15

Thu

December,2011

Location :

トップページ
Event Calendar