とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

sam

春を呼ぶまつり!青森県「八戸えんぶり」!

皆さんはみちのく五大雪まつりをご存知でしょうか?

今回はその中の一つ、青森県にて開催された「八戸えんぶり」を紹介します。

続きを読む

このお祭りでは毎年約30組のえんぶり組が八戸の町を彩り、25万人もの観光客が集ります。
今年の八戸えんぶりは2月17日から4日間開催されました。

 

八戸市のウェブページによりますと、えんぶりは、

“その年の豊作を祈願するための舞で、

太夫と呼ばれる舞手が馬の頭を象った華やかな烏帽子を被り、

頭を大きく振る独特の舞が大きな特徴”であり、

“その舞は、稲作の一連の動作である、種まきや田植えなどの動作を表現したもの”とのことです。

 

そもそも、「えんぶり」って何?なぜ「えんぶり」と呼ぶのだろう?

と思う方もいらっしゃると思います。

「えんぶり」とは、田を均す際に使用する「柄振(えぶり)」という農具を手に持って舞ったことに

由来し、それがなまって「えんぶり」となったそうです。

 

えんぶりの起源には伝説を含め諸説あります。

その中より通説となっているものを再度、八戸市のウェブページより紹介させていただきます。

 

“鎌倉時代の始め、後の八戸藩主南部光行は、

頼朝から奥州糠部郡を拝領し、甲州(今の山梨県)から当国へ下ってきた。

 

奥州で迎える初めての正月、

光行は自分の家来達に武装させ、有力者たちの家を訪問させたが、

酒の勢いのためか家来達は抜刀乱舞したため、家人たちは恐れ慄いた。

 

このとき、その場に居合わせた農民藤九郎という機転の利く男が、

賑やかに田植歌を歌い、農具を手に持って踊ったところ、

家来達は刀を納めてその様子を見物した。

 

鳴子板をふり、田んぼの土をならす仕種を踊り終えた藤九郎が、

南部家を祝福する口上を述べたところ、

それが吉例となり、えんぶりが行われるようになったという。”

 

とても歴史のあるお祭りですね。

現在えんぶりは国の重要無形民俗文化財にも指定されており、

八戸地方を代表する民俗芸能となっています。

それにしても刀を持った人に対して、農具と歌と踊りで場をおさめるなんて、

藤九郎は格好良いですよね。

今年の八戸えんぶりも終わり、春の訪れもすぐそこまでやってきています。

藤九郎の行動を見習い、もっと格好良く面白い人間を目指そうと思った今日この頃です。

 

【アリティーヴィー 半田慎太郎】

 

-----------------------

八戸市 えんぶりの豆知識 参照

http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/27,0,91,474,html

6

Thu

March,2014

Location :

トップページ
Event Calendar