とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20140114_640_00

御神火に祈りを捧げて-仙台東照宮どんと祭-

平成の仙台四郎です。
宮城県内各地の神社では毎年小正月にあたる1月14日に「どんと祭」と呼ばれる神送りの神事が行われます。
「無病息災・家内安全・商売繁盛」
今年は仙台東照宮のどんと祭へ行ってきました。

続きを読む

 

「御神火」と呼ばれる炎の中に、各家庭から持ち込まれた古い御札や正月飾りなどを入れ、正月の間に各家庭に訪れていた神々を送るもので、その火に当たると心身が清められ、無病息災や家内安全が叶うといわれています。


 
どんと祭ではこの御神火へ向けて参拝する裸参りも有名で、その厳粛な姿も見所の一つです。

 
江戸時代中期頃から始まったとされるこの神事は、今や、宮城県の冬の風物詩として全国に知られています。
 
震災発生からまもなく3年。
御神火に復興への祈りを捧げ、今年もまた1歩を踏み出します。

14

Tue

January,2014

Location : 仙台東照宮

トップページ
Event Calendar