とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

sam

第14回デザイングランプリTOHOKU 公開審査

こんにちは!アリティーヴィーのスマイル担当、半田です。

今回はせんだいメディアテークで行われた第14回デザイングランプリTOHOKUの公開審査を取材してきました。

テーマは「笑」です。いったいどんな笑顔が見られるのでしょうか!

続きを読む

「デザイングランプリTOHOKU」とは東北地区印刷協議会が主催する、プロのデザイナーとプロを目指している専門学校・高専・大学生を対象に、グラフィックデザインの作品コンペを通して、互いのデザインの向上を目的とするものだそうです。

同時に、将来性のあるデザイナー育成の登竜門として位置づけられており、印刷産業界とデザイン関連業界の活性化を支援するものです。

部門は一般の部、学生の部、高校の部とあり、今回の応募総数は計461点と多くの作品が集まり、東北だけではなく京都や大阪などからも来ているそうです。

特に高校生の部は前回の88点から132点と応募総数が大幅に延びています。

その中でも選抜された作品を、一般の人も参加して投票する公開審査が、せんだいメディアテークで行われました。

第12回、第13回のテーマはそれぞれ「がんばろう!東北」「元気!東北」と震災から復興するんだ!という強い意気込みを感じさせるテーマでしたが、今回の第14回はまだまだ復興には時間がかかるけど、一歩踏み込んで、笑って頑張って行こう!笑って元気

を出して行こう!という意味で「笑」というテーマが選ばれました。

メディアテークの一階の展示ブースは、カラフルなポスターで埋め尽くされ、テーマが「笑」ということもあり見ているだけで元気になれるような作品ばかりでした。

一般審査員の方には仙台でデザインの勉強をしている学生の方も多く、中には自分で作品を応募したという人もいらっしゃいました。

そして今回の公開審査で選ばれた作品はこちらです!

高校生の部 最優秀賞            学生の部 最優秀賞(左から2番目)

一般の部 最優秀賞 (真ん中)

 

見ているだけで笑顔になれる。元気になれる。笑う門には福来るといいますが本当にそうですよね!

デザインの力で東北を元気にしよう!という主催者側や作品の製作者たちの気持ちがよく伝わるイベントでした。

笑顔になりたい方は是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

——————————————————————-

展示会場

場所:せんだいメディアテーク5Fギャラリー

日時:12月20日(金)~22日(日)10:00~18:00

(22日は17:00時まで)

——————————————————————-

 

 

 

21

Thu

November,2013

Location :

トップページ
Event Calendar