とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

samune3

もし自分が仙台市長だったら・・・「未来仙台市2013」

こんにちは!アリティーヴィー文奈です(^^)

今日は東北大学で「未来仙台市2013」を生中継しました。

若者が考える未来の仙台市とは・・・?その様子をご紹介します!

続きを読む

「未来仙台市」とは、若者を対象に行われる仙台市の政策デザインコンテスト。

「もし自分が仙台市長だったら」というテーマで、30年後の仙台市をよりよくする為の政策を考えディスカッションを行います。

全9組がこのコンテストに参加し、その内の「聡慧一丸」「チームmix」「3D-S」「チームSATORU」の4組が今日の決勝戦で熱い議論を繰り広げました。

若者らしい斬新かつ、現実的な政策を発表する参加者たち。

仙台の魅力を再確認すると共に改善点や更なる向上の為、未来の仙台市のビジョンを提案していました。

ゲストは「毎日新聞社論説副委員長 与良正男さん」「株式会社ゆいネット代表取締役 稲葉雅子さん」「株式会社New Youth代表取締役 若新雄純さん」

プレゼンテーションに対して、ゲストの3人は現実的な視点から質問を投げかけます。

それに対してしかっりと自分達の政策について答える参加者たち。

理想だけではなく、現実的に可能な政策を考えてきているのです。

改めて、自分もしっかりと自分の住む仙台はどうしたらもっと良くなるのだろうと考えさせられました。

 

今回のコンテストは、プレゼンテーションを聞いた若者たちによる投票によって順位が決まります。

本物の投票箱を使用し、投票が行われました。

結果は、中心市街地のトランジットモール化などを考えた「チームSATORU」

 

そして最後に参加者とゲストによる「みんなで語り合う仙台市の未来」というテーマでのパネルディスカッション。

「あなたにとっての幸せとは?」「30年後もあなたは仙台に住んでいますか?」など。

若者のリアルな声を聞きたいゲストの3人と若者たちのディスカッションは、これもまた考えさせられる内容でした。

 

 

投票率が低下している今、政治について自分達でしっかりと考えている参加者たち。

きっと30年後、彼らたちが今よりもよりよい仙台市を創造してくれる事でしょう。

 

今日の「未来仙台市2013」様子はこちらからご覧になれます!

未来仙台市2013前半

未来仙台市2013後半

14

Sun

July,2013

Location :

トップページ
Event Calendar