とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20130706sumnail

東京・池袋 宮城ふるさとプラザは8周年!

ヒザシでございます。

 

今回ご紹介するのは東京・池袋にあるお店「宮城ふるさとプラザ」。

 

宮城県の物産がここに集結しているんです!

開店してから今年で8周年という事で、それを聞くだけでこのお店がどんなに愛されているかを感じます。

故郷・宮城を離れ一体どんな様子で商品が売られているのでしょうか?

なんだか気になりますよね!

早速ご紹介しましょう!!

続きを読む

 

 

池袋駅東口を出て徒歩5分ほど。

人通りの賑やかな街角にお店がありました。

お店の中は宮城出身の方には馴染みのある商品がズラリ!

 

故郷を遠く離れた東京にいながら、なんだか家に帰ったような落ち着いた気分になりました~。

このお店に働いて8年、店長代理の大蔵国孝さんにお話を伺いました。

お店を訪れるお客さんは、宮城出身で地元を懐かしんで利用する方と、地方の特産品として利用する方の半々くらいだそう。

リピーターも多く、人気の笹かまぼこや、三角油揚げは週に2~3回の入荷でも完売するほどだそうです!

お店に訪れていたお客さんからも「今日も蒲鉾が目当てで来ました~。」という声も聞きました。

福島出身の利用客は「少しでも故郷に近い食材を」と三角揚げや手作り梅干を買っていました。

 

震災の時は、東京都内も日常とは違う状況で大変だったそうです。

落ち着きを取り戻してきた約1週間後には、店内はすでに売るものもほとんどなく、1階と2階の売り場がある店内は通常の3割くらいに売り場を縮小し、冷蔵庫の電源を全て落とし営業を続けました。

都内在住の方は「何か買うことが支援に繋がる」「募金だけでもしたい」と利用客が続々と訪れ、東北への支援の窓口として営業しました。

お店独自でも募金を集め、震災から今までで約2900万円が集まり、宮城県に寄付したそうです。

また、震災後は今まで知られていなかった宮城の地酒も知られるようになったそうです。

実際に宮城の酒蔵に行くツアーや、塩釜市浦戸諸島の寒風沢島で田植えから日本酒造りをお手伝いするツアーも企画していると日本酒販売を担当している木村さんは語ります。

そのお酒は純米吟醸 浦霞 「寒風沢(さぶさわ)」。島で収穫したお米のみを使用して作られる貴重なものだそうです!

 

大蔵さんは「首都圏の方々への窓口」「懐かしんで訪れる」どちらの役目も担って、ここでこれからも販売したいと話してくれました。

 

 

東北の物産が集まるこのお店に、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

東京で懐かしい気持ちを味わえるちょっと不思議な、でも、温かい気持ちになれるかも知れません。

 

宮城ふるさとプラザ感謝祭 平成25年7月6日(土)~7月15日(月・祝)開催中です!

 

■■■関連リンク■■■

■宮城ふるさとプラザ

http://cocomiyagi.jp/

 

■宮城県塩釜市浦戸諸島 寒風沢島

http://www.city.shiogama.miyagi.jp/urato/midokoro/sabusawajima/index.html

 

■南三陸さんさん商店街

http://re-tohoku.jp/blog/6675

 

■蒲鉾店高政

http://re-tohoku.jp/movie/8405

 

■ささ圭

http://re-tohoku.jp/movie/14883

 

■7月7日 笹かまの日

http://re-tohoku.jp/blog/17073

 

■三角定義油揚げ

http://re-tohoku.jp/blog/6539

 

■笹かま3大コンテスト
https://www.facebook.com/sasakamambo

9

Tue

July,2013

Location :

トップページ
Event Calendar