とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

201303232

最後の全校生徒、光の卒業アルバム-浜市小学校感謝祭-

平成の仙台四郎です。
2013年3月。
この日、ひとつの小学校が139年の歴史に幕を閉じました。
その最後は、多くの子供たちの笑顔で光り輝く小学校の姿がありました。
『あゝ 花ひらく 浜市小学校』

続きを読む

 
宮城県東松島市。
2011年に発生した津波により、市街地の65%が浸水し、家屋被害はおよそ11,000棟と全世帯の6割にも上ります。
そんな地域の中にこの小学校はありました。
 
宮城県 東松島市立浜市小学校
震災時に全校生徒およそ150名とおよそ400名の地元住民の命を救ったこの学び舎も2013年3月を以て、閉校となり、139年続いた歴史に終止符が打たれました。
 
しかしその最後はとても華々しいものでした。
 

2013年3月23日、一日だけ校舎が特別に開放され「浜市小学校感謝祭」と銘打たれて行われたのは、地域に愛され、そして子供たちを見守り続けてきた浜市小の閉校式。
浜市小学校の最後を見届けるべく、多くの地元住民や、サポーターも集まりました。

 
 
夜になると、辺りには暗闇が迫ってきます。
この地域は震災以来、いまだに電力が寸断されているため、
光がなく、恐怖さえ漂います。
 
しかしこの日は違いました。
校舎が明るく照らし出されたのです。
なんとそこに映されていたのは、子供たちが描いた絵です。

 
イベントには全国の企業や団体からの支援が多く寄せられ、この感謝祭をクライマックスを盛り上げるべく、プロジェクションマッピングの技術を用いて校舎を明るく照らし出したのです。
電源の供給には3台の電気自動車が用いられました。

 
子供たちの描いた光の絵には学校への感謝の気持ちが込められ、より強く明るい校舎がそこにはありました。


 
 
4月から浜市小学校は、小野小学校と統合し、「鳴瀬桜華小学校」へと生まれ変わります。
名前は変われど、浜市小学校の伝統は今後も地域を通じてつながっていくことでしょう。
 
—-わかい わかい いのちよ  ゆたかな 夢よ
——ひかれ すなおに  美しく 美しく
(浜市小学校校歌1番より)
 
 
———
■浜市小学校感謝祭の様子はこちらからご覧下さい。
http://blog.nissan.co.jp/EV/2013/EVNEWS/165.html
 
 
(写真協力:日産自動車株式会社)

23

Sat

March,2013

Location :

トップページ
Event Calendar