とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

2011-03-12-07.43.58

731 Days Later – Andy Penery

This is Andy, ariTV translator.
ariTV通訳者のアンディです。

 

When I wanted to use a toilet, I had to search for one.
That’s the sewer there in the picture above, sticking up about a meter out of the ground, and raw sewage seeping out.
私はトイレを使いたかった時、トイレを探さなければならなかったです。
上の写真はほぼ1メートル歩道から突き出ている下水道、そして染み出る汚泥です。

続きを読む

 

 

I only took these three pictures. I wanted to take more, but I knew I needed to preserve my phone’s batteries to have any contact with the outside world. There was no power either. When I was lucky I’d get a cell signal and send an email to my family in the States.
この写真3枚しか撮っていません。もっと撮りたかったですが、少しでも外の世界との連絡を取れるチャンスがくるかと考え、携帯のバッテリーを保つことにしました。電気もなかったです。運がいい時は電波をみつけてアメリカにいる家族にメールを送信出来ました。

 

I had little idea of how things were, and no idea how long I’d go without power or water for almost a week.
一週間ほど周りの状況をよく把握出来なくて、その間どれぐらい停電と断水が続くのかまったく分かりませんでした。

 

But it was heaven. Where I was, in Kakuda, the tsunami didn’t come. It’s not right for me to call myself a victim.
しかし私のところは天国でした。私がいた角田には津波が来なかったです。私は自分のことを被災者と言ってはいけません。

 

Now my life is normal. It was normal only a few months after the disaster. It’s a testament to the power of Tōhoku’s people to rebuild. And, I was lucky.
私の今の生活は普通です。震災数ヵ月後にはもう通常のパターンに戻っていました。それは東北人の復旧・復興の力の証です。そして、私は運がよかったです。
 
[ホームへ戻る]

11

Mon

March,2013

Location :

トップページ
Event Calendar