とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20130228_03

伊達なでしこが東北を元気に-常盤木学園高校サッカー部-

平成の仙台四郎です。
昨夜、ホテルメトロポリタン仙台にて「常盤木学園高等学校サッカー部 第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会 優勝祝賀会」が開かれました。
会場には学校関係者や報道陣、常盤木学園高校サッカー部のサポーターの方々も集まり、大いに盛り上がりました。
宮城が誇る伊達なでしこ、東北に元気を届けます!

続きを読む

 

常盤木学園高等学校サッカー部は1995年の創部以来、数々の大会で優秀な成績を収めてきました。
2013年1月に開催された「第21回全日本高等学校女子サッカー選手権大会」では見事優勝を果たし、大会連覇という輝かしい成績を残しました。
同大会において2002年の初優勝を含め、11大会中、決勝進出10回(優勝5回、準優勝5回、3位1回)という快挙を成し遂げています。
同部からは鮫島彩選手や田中明日菜選手、京川舞選手といった多くのなでしこ選手を輩出するなど、この驀進的な活躍は常盤木学園を全国に知れ渡らせただけではなく、仙台というブランドを全国に発信し、東北を元気にする活力となっているのです。
 

昨夜行われた優勝祝賀会では、常盤木学園高校サッカー部を応援する多くのサポーターが集まり、その栄光を讃えました。
「もはや学校の部活動の枠を越えて、宮城県を代表するスポーツチームだと感じています。」
「阿部監督の指導は、ただサッカーを教えるだけではないんですよ。人間力を育てているんですよ。それが強さの秘訣でもあるのかなと思います。」
「本当に常盤木サッカー部にはたくさんの感動をいただきました。震災で疲れていた県民の心を癒してくれました。」
 
数多くのサポーターに愛されている常盤木学園高校サッカー部。
これからも魅力あふれるプレーで宮城、東北の元気を盛り上げていくことでしょう。

28

Thu

February,2013

Location :

トップページ
Event Calendar