とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20130210-1

いま想う言葉を届けて -南三陸町 おおもり食堂-

おばんです、アリティーヴィー鈴木です。
今日ご紹介致しますのは宮城県の南三陸にある食堂、『おおもり食堂』です。
被災地から想いを、「絵」と「言葉」に変えて伝えている素敵なお店。
地名から名付けられたこちらの食堂は、実は知る人ぞ知る、ちょっとした有名店なんです。。

続きを読む

 
お店のマスターは震災前、志津川の漁港近くで居酒屋を営んでいましたが、
先の津波によってお店は全て流されてしまいました。
しかし地元・南三陸で復興へ向けて頑張ってる方々を「食」から応援するためにも、
今度は食堂としてオープンする決意をされました。
同じ場所に再びお店を立てるのに初めは躊躇されたそうですが、
マスターにとって、子供の頃から生まれ育った海辺の町から離れることはどうしても考えられなかったそうです。
波の音、潮の香り、カモメの鳴き声、どれもが大切なものでありそれらが無ければ生きていけないと語っていました。

 

 

プレハブで建てられた店内には、マスターが震災後に綴った「言葉」たちが、壁一面ところせましと飾られていました。
そのどれもが、決して飾ることなく、現在の率直な気持ちを書き写されています。
明るく、力強く、そして生きていることに感謝する詩。
津波を体験し、そこで生活を続ける人にしか書けない詩でした。

 

 

他にも南三陸の沿岸を鮮やかな「絵」にしたり、
おおもり食堂の紹介を「紙芝居」にしたり、、
南三陸の素晴らしい思い出たちを形に残るように隙間なく飾られていて、
店内を鮮やかに彩っていました。

奥の方には大きなグランドピアノやギターがあって、
常連のお客さんたちが夜な夜な集まって音楽好きのマスターと店内でセッションをしたり、
またある時は東京から有名音楽家の方がライブを開催しに来たりと、
全国各地から様々な人がマスターに会いに来るというとっても魅力的なお店です。

 
 
まだまだ復興復旧に関して進んでいない南三陸町ですが、
温かい気持ちを持って前向きに生活されている方々がたくさんいらっしゃいます。
笑顔いっぱいのマスターと従業員のゆうこさんのとっても優しい人柄に触れながら、
お二人の南三陸の話を聞きにくるだけでも価値のある、本当に素敵なお店です。

 

 

 
——————————————————————————-

■南三陸町志津川 おおもり食堂

住 所:宮城県本吉郡南三陸町志津川大森43-1

電 話:080-5574-9462

10

Sun

February,2013

Location :

トップページ
Event Calendar