とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20121115

大槌町の憩いの場「おらが大槌復興食堂」

アリティーヴィーの高野です。

今回ご紹介するのは岩手県沿岸の町大槌町の

「おらが大槌復興食堂」です。

続きを読む

元々テント小屋から始まった復興食堂。

きっかけは、東日本大震災でめちゃくちゃになった町を、全国の方々が

ボランティアで清掃活動、復旧作業をされている時でした。

ガレキの中、自分たちが持ってきたおにぎりやお弁当を寒空の下、地べたに座って食べている。

復興食堂のメンバーのひとりで現在ホール店長の岩間敬子さんは

「その光景を見たときに、縁もゆかりもない人たちが大槌を綺麗にしようとしてくれているのに休む場所もない。」

「大槌町民として何かしてあげなくては。」

そう思い地元の人を集め2011年11月11日、復興食堂を立ち上げました。

2012年7月中旬にプレハブになり、ボランティアの方をはじめ、地元の方も足を運ぶ憩いの場となっています。

店内には、復興応援商品や支援商品なども並べられています。

メニューは地元の食材を使った料理が中心。

さけ、いくらがたっぷり乗った「おらが丼」は人気商品です。

この11月で丁度1周年ということもあり、メニューも10品に増やしていく予定なのだそう。

食堂と言っても、プロの料理人がいるわけではなく、地元のお母さん方が中心となって料理を提供している正に、手作りの食堂なんです。

これからは、このおらが大槌復興食堂を、ご飯を食べる場所としてだけではなく、

待ち合わせ場所やミーティングルームなどといった集会所のような使い方もして欲しいと岩間さんはおっしゃっていました。

 

おらが大槌復興食堂

おらが大槌復興食堂facebook

21

Wed

November,2012

Location :

トップページ
Event Calendar