とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

20121027

スマホアプリが旅を変える!AppCon EAST JAPAN

平成の仙台四郎です。
本日、仙台市で「スマホアプリが旅を変える!AppCon EAST JAPAN」というスマートフォンアプリケーションのコンテストが開催されました。
http://www.ari-tv.jp/appcon/live.html

続きを読む

 
このイベントは「Fandroid EAST JAPAN」という団体が企画したものです。
東日本大震災以降、東北の地でAndroidアプリケーションの開発技術者の育成と能力向上を図り、アプリケーションビジネスを活性化させることを目的に設立されたこの団体は2011年6月の立ち上げ以降、「集まる」と「アイディア創出」を目標とした第1期、「営業展開」と「デザイン教育」を目標をした第2期を経て、「さらに多くの人とつながりあう」を目標とした第3期を迎えました。
 
その大きなチャレンジとして、スマートフォンアプリケーションとハードウェア連携の可能性をより向上させ、発展することを目的に今回のイベントが開催されたのです。
 
今回募集されたテーマは「旅&おでかけ」
旅やおでかけが便利になったり楽しくなるアプリやWebサービスが「アイデア部門」「アプリ部門」「デザイン部門」の3部門で募集されました。
全国から200を超えるエントリーがあり、
この最終審査会には3部門のうち、「アイデア部門」と「アプリ部門」の2部門から3作品ずつ計6作品がノミネートされ、それぞれの応募者による最終プレゼンが行われたのです。
 
その結果、最優秀賞に輝いた作品はこちらです。
「アイデア部門」
作品名「トリップる」(マインドフリー株式会社:大阪)

「(受賞したことについて)驚いています。普段は大阪にいるんですが、東北支援ということで、まだ支援にはなってないと思うんですけれども、多少なりとも関わりを持てたことに嬉しく思っています。
今日来れなかったメンバーにも感謝を言いたいと思います。どうもありがとうございました。」
 
「アプリ部門」
作品名「ハイ、チーズ」(SRIA Projects.:仙台)

「(受賞したことについて)取れましたね。みなさんの笑顔だけでよかったんですが、このような賞までいただけたことを嬉しく思っています。
(今回の受賞が)いいきっかけになったと思います。ただ個人的にアプリは育てていくものだと思っているので、まず出すことで第1歩。これからアップデートを重ねて、このアプリ(ハイ、チーズ)を育てていきたいと思います。」
 
 
今回審査に当たったのは
・夏野 剛さん(慶應義塾大学政策・メディア研究科 特別招聘教授)
・柳澤 大輔さん(面白法人カヤック 代表取締役)
・本江 正茂さん(東北大学大学院工学研究科都市建築学専攻都市・建築デザイン学講座准教授)
・伊藤 努さん(宮城県産業技術総合センター所長)
以上の4名の方々でした。
 

夏野 剛さん(慶應義塾大学政策・メディア研究科 特別招聘教授)
「私は、ITやネットワーク、スマホ、アプリなどが人類に、社会、経済にどう影響を与えているのかというのを専門に研究しています。
この10年で我々は本当にいいツールを手に入れたんだとみなさんも実感していると思うんですが、もはやこれは、単に便利になったなどという領域を越えて、人類の進化のスピードがこの10年間でグッと加速してしまったんだと思ってるんですよ。
人類の進化のスピードについていくためには、みなさんのように、未来を考えている人がテクノロジーを身につけて、しかも身近なツールでアプリを開発することが解決には早いと僕は思っています。
アプリ、ITという武器を手にしてこれからの日本、世界を変えていって欲しい。
みなさんが今、最先端を走っているんだという自覚を持って、これからますます社会に影響を与えていってください。楽しみにしています。」
 

実行委員長 原 亮さん(Fandroid EAST JAPAN 理事長)
「スマートフォンアプリで、東北、宮城を盛り上げたいという想いで立ち上げていますが、地域の中心となる産業になったらいいなという夢があり、その地域にあるあらゆる産業のみなさんもそのつながりの中から、我々がどんどんアプリを開発することで、地域の人が盛り上がっていけばいいなと思っております。
(「旅」というテーマにしたのは)観光の分野でも東北の人が大いに盛り上がって、そして、多くの人に東北を好きになってもらいたいという思いからです。今回登場したアプリもそういった場で役立ててもらえたらいいのかなと思います。」
 
 
東北の産業復興への足がかりに、スマートフォンアプリの可能性はどんどんと広がっていきます。
 
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
*Fandroid EAST JAPAN
http://fandroid-ej.org/
*AppCon EAST JAPAN[配信特設ページ]
http://www.ari-tv.jp/appcon/live.html

27

Sat

October,2012

Location :

トップページ
Event Calendar