とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

ono911

小野大徹の想い

2011年3月11日14時46分
 
こんな事が現実に起こっていいのか?
 
被災地に初めて足を踏み入れたとき率直に思ったことです。
悲しみではなく怒りがこみ上げてきたことを今でも覚えています。
 
何をすべきか?なんて考えたことはありません。
自分が出来ることをする。
震災直後、被災者や被災地にカメラを向けることは葛藤の連続でした。
取材では「撮影なんかしてないで泥掻き手伝ったら?」
と言われたこともあります。
その通りです。
 
しかし、自分が今できることはカメラを回すことただそれだけが
自分のすべきことだと、そう信じて記録を続けてきました。
 
震災から半年、
震災から1年、
震災から1年半、
 
我々メディアは時間経過を必ずいいます。
それは“今”を伝える為にはとても重要な事です。
 
しかし、あの日から時間が進んでいる人もいれば、
時間が止まっている人もいます。
 
どれもが“今ある現実”です。
 
復興カレンダーはその“今”を記録してきました。
 
そしてこれからも“今”を記録していきます。
 
≪戻る

11

Tue

September,2012

Location : アリティーヴィー株式会社

トップページ
Event Calendar