とうほく復興カレンダー

東北・復興の「これから」。前を向いて進む人たち。

マップで見る

  • このサイトについて
  • リンク
  • お問い合わせ
トップページ

andy911

アンディ ペネリーの想い

I’ve been working on the Revival Calendar for just over six months. I remember the first story I covered that moved me: it was about a pushcart service in temporary housing in Sōma.
(http://en.re-tohoku.jp/movie/5637)
 
Starting with that story, and many times over since, through the Revival Calendar I have been moved by the wonderful spirit of the disaster victims, or rather, rebuilders, to face their situation and help themselves without complaining.
 
Even living here in Sendai, there’s so much about the recovery that I didn’t realize and never would have without this project.
Fight on Tōhoku!
 
これで6ヶ月ちょっと復興カレンダーに手伝っています。最初に感動した記事を未だに覚えています。
相馬の仮設住宅のリヤカーの話でした。
(http://www.re-tohoku.jp/movie/6446)
 
その話から、何度も何度も復興カレンダーを通して現実を認めて文句言わず自分達を助ける被災者、いや、復興者の心に感動しています。
仙台に住んでいても、このプロジェクトがなかったら復興について知らないことがたくさんありました。
頑張ろう東北!

11

Tue

September,2012

Location :

トップページ
Event Calendar